サンアカデミー日本語センター(SANC)について

コミュニケーションの達人になるために

Effective Communication サンアカデミー日本語センター(SANC)は、1つの理念を共有する経験豊富な日本語教師たちが集まり、設立しました。

SANCの目標は、学習者がコミュニケーションの達人になることです。

「日本語が上手になる!」それはもちろんです。しかし、円滑なコミュニケーションのためには、日本語力に加えて、文化の異なる相手を理解する力、自分の日本語力を補って意思の疎通を図るストラテジーが必要になります。

この3要素をバランス良く伸ばすことが実はコミュニケーション力を短い期間で伸ばす最良の方法なのです。

日本語力

コミュニケーション積み上げ型学習

短期間で自分の意見や思いを伝えられる日本語力を目指します。従来の日本語学習ではこのレベルに達するまでに非常に長い時間がかかりました。しかしSANCが開発した「コミュニケーションを積み上げる」学習法は、正確さと流暢さを同時に伸ばすことを可能にしました。単調なドリルや暗記のための練習は一切ありません。この学習方法によって、短い期間で意見を述べることができるようになります。

ストラテジー

自分の日本語力を補って、日本人と対等に意思疎通を図る技術

現実のコミュニケーション場面で遭遇する日本語は、教室内のように調整された理解しやすい日本語であるとは限りません。SANCでは、生の複雑な日本語に接したときに「よくわからないこと」を「わかるように」するストラテジーを学習しています。確実に意味をつかみ、確実に意味を伝えること。この技術を身につけることで、学習者は自分の日本語力に関わらず、日本人と対等に意思疎通を図ることも可能になります。

異文化理解力

文化の異なる相手を理解する能力

文化や考え方は表に出てこないものですが、コミュニケーションに非常に大きく影響するものです。良好な人間関係を築いていくためには、「理解しあうための力」を身につける必要があります。そのために、SANCでは日本語学習の中に異文化心理の視点を取り入れたシミュレーションやドラマを多数組み込んでいます。この学習方法により、最終的には相手の立場に立ったネゴシエーション能力を獲得することも可能になります。

今までにSANCの教師が携わった学習者は、ビジネスピープルやその家族、技術研修生、留学生、就学生などで、学習目的、学習環境、日本語力など、すべてにおいて多岐にわたっています。 これらの貴重な経験を通して、多くのカリキュラムや教材を開発してきましたが、SANCで提供するカリキュラムはその結集とも言えるものです。
コミュニケーション力が短期間で確実に身につくようにデザインされた画期的なもので、学習第一日目からコミュニケーションの達人を目指して様々な学習活動が始まります。
楽しんで学習しているうちにどんどん日本語が話せるようになる。話せるからもっと学習したくなる。話せるようになると自信がつく。自信がつけばさらに話したくなる。 この学習スパイラルをぜひ、SANCで体験してください。